スキンケアとクリークと赤毛について

クリークは小川のことで、眺めているだけでも心が落ち着いてくるのが水の流れです。クリークは国内というより、特に中国などの平野に多く見られる、小運河のことでもあります。英国で用いられるクリークは、海や川とか小さな入江など、それでも水に関わる意味合いです。水というのは人間の生命維持には欠かせないものですし、水とのふれあいは癒しの作用を感じることもあります。海や小川の水のせせらぎを耳にすることでも、心の癒し効果は抜群です。

金髪やブラウンの髪の毛は、世界的に見てもよくある髪の毛の色ですが、赤毛は珍しいカラーに入ります。赤毛のカラーは、いちご色のような鮮やかなカラーから、落ち着きある深みの入った赤毛もあります。赤毛は主に、白人に見られる髪の毛の色ですが、日本人の肌の色にも割と似合います。赤毛に髪のカラーをチェンジしたら、ボブスタイルもキュートです。メイクはピンクをベースにすると、透明感があっておしゃれに見えます。ふわふわのパーマをかけてみれば、ナチュラルなくせ毛みたいで可愛らしいですし、真っ赤なリップも似合います。

忙しい毎日の中ですが、美肌のためにはスキンケアは丁寧にすることです。洗顔したらす郡化粧水を付けるのはいいのですが、化粧水やエッセンスが肌に浸透しないうちに、フィニッシュの美容クリームをすりこんでは、肌になじむ暇もありません。スキンケアを肌に浸透させるためには、少しだけ時間を置きながら、手のひらで確かめるようになじませていくのが大事です。パッティングをするにしても、軽い張り手をするように、肌をバシバシと叩いては刺激になってしまいます。スキンケアをするなら、良い結果を出すためにも、丁寧にしていきましょう。